【DB理論のその先】その経験をしたいか、どうか【物事の善悪】

雑談

久々の更新になっちゃいました。
なんでかと言ったら、

ヨナ蔵
ヨナ蔵

全然ブログを書く気になれなかった…

書きたいことはたくさんあるんだけど、
脳内の鮮度がいい状態でPC前に立たないと
何書きたかったか忘れちゃうんですよね。わろた。

メモするんだけどね、メモしても「???」になっちゃうんですよね。

た・は・は

さて。

前回のブログで、この世は漫画みたいなものだよという話をしました。

まだの方は是非!

この理論から言うと、
全てはただの「経験」ということになります。

嫌なこと、嬉しいこと、可愛くなる、レベルアップする、技術を得る、物を所有する、運転をする

全て全て「経験」
そらそうさ。と思ってる諸君。そらそうですよね。
それに良し悪しも、その経験が必要か不必要かも、全くもってどうでもいいし関係がない。好みの問題。

選べられる立場にあるわけです。私たちは。

●●をするには、●●が必要だ

こんな方程式が関係のない世界ですよ。
いちいち細かい設定まで私たちが作ってるので、当たり前です。

経験したければ手に入れたらいいし、要らなければ経験なんてしなくてもいい。

例えば

起業するには高学歴でないといけない。
資格がないと就職で有利じゃない。
復縁するには自分が変わらないといけない。
彼が私を好きになるには可愛くならないといけない。

こんな方程式を作っているならば

高学歴な経験。
資格を取る経験。
自分を変える経験。
自分磨きをする経験。

をする必要がありますよね。

それが必要ないと思うなら、選択しなければいいだけの話です。

学歴がなくても起業して成功できる。
資格がなくても就職で有利。
条件なしで復縁できる。
今の私を彼が好きになる。

設定してる経験、要りますか?
この世界はどこまでいっても自作自演なんです。
何か特定の経験をするために、ワンクッション余計な経験を挟んでませんか?

私はよく
嫌な感情が生まれた時。

「この出来事が起きなかったら、経験しなかった怒りと感情なんだな」

と思います。

なるべく痛みは避けたいなと思います。
でも、痛みを痛みだと思わなければただの「出来事」に成り下がります。

嫌な出来事を「ボーナスチャンス」と捉える。
そうすると、その出来事をとても「有益」と思える。

私たちは、死ぬまでずっと「経験」の繰り返しです。
経験とは「知る」ということ。

嫌な出来事を知るということは、その逆サイドの経験が存在することを知ると言うこと。

comment

  1. reirei より:

    昨日noteでヨナさんをフォローさせていただきました。
    今日、【恋愛】彼(彼女)の気持ちを手に入れる?【引き寄せの沼】を購入しようとしたけど、カードの番号や名義を打ち込んだ後、最後にカードの発行場所はどこかという選択肢が出てきて(佐賀銀行とか色々)、どれでもないのにクリックできず時間経過して、購入ならずで、もう一度試してもだめで、もう一個のクレジットでやろうとしても、名義が同じのせいか駄目と出ました。
    これまでクレジットで購入するとき、発行場所の選択なんて出てこなかったので、noteって酷いなと思いました。

    • yonayona より:

      reireiさん、コメントありがとうございます!
      noteの件ですが、私も過去に記事をクレジットカードで購入したことがありますが「発行場所」を求められたりするシーンは一度もありませんでした。
      一応noteの公式にてお調べしてみたのですが、こちら(https://note.com/info/n/nbceaedb62f42)にて購入方法ご確認いただけます。
      動画で説明くださってるページ(https://www.help-note.com/hc/ja/articles/360010310214-有料記事を購入する-購入方法-)もありますので、解決に至らない場合はそちらもご覧ください。クレジットの他にキャリア決済も選択可能ですので、ご検討頂けますと幸いです。

      • reirei より:

        お返事ありがとうございます。
        わざわざ調べて載せてくれて感謝です。
        URLに乗ってた通り、今度はアカウント設定から登録をしようとしたけど、同じく発行場所の選択肢が出てきました。
        どれも該当なしでクリック出来ず。
        2つともマスターカードだからそんな選択肢が出るのかは不明ですが。
        なのでnoteの運営に問い合わせてみました。
        本当に時間を取ってくれてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました